スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫くインターネットが使えません。

関東に戻ると決めて、即、プロバイダー契約申し込んだものの、まだ開通しておらず戻ってもすぐには使えない。

悲しい・・・。

今日、いつ開通するのか問い合わせたところ、12月の中旬以降だそうな。

まぢかよ!!

おせーよ!!


・・・言っても仕方ないが、文句言ってしまった。(笑)
相当、嫌な客だな。
ということで、当分先まで自宅にインターネットのない生活を強いられます。
パソコンは2台もあるのに、私にはただの鉄のかたまりに見えます。(笑)
なので、このブログも携帯からしかのぞけません。
日記も更新できる時はしますが、みなさんのところに遊びに行ったり、コメント書いたりができないと思います。
ごめんなさい。
開通したら、また復活しますでの、それまでうめこの事をどうか忘れずにいてください。(ぺこり~)

本と、ネット依存症の私としては不便だわ・・・。
初体験だけど、ネットカフェでも行こうかな。あは。

追伸:個人的に用件のある方は、携帯メールにてお願いします。てか、携帯しか通信手段がありません(笑)
スポンサーサイト

荷造り。

いよいよクライマックスです。
結局、3シーズンまたいだ結果、トランク1つに大ダンボール2箱。
実家で引篭もり生活を送ってただけなのに、何でこんな荷物増えたんだぁ?!って、我ながらちょいビックリ。
殆ど、洋服や化粧品だけど、中途半端な日用品(未使用のシャンプーやら洗剤やら歯磨き粉やらetc...)や食材はこの際もろとも全部引き揚げてます。
だって、どうせ戻ってから色々買い揃えなきゃいけないし、無駄な経費かかるぢゃーん。(・・・って、セコイ?笑)
もっと言えば、戻る日は、自分のスーツケース1個持参してのぞみに乗るので、結局トータル荷物4つかよっ!って感じです。

でも、入れなきゃいけない物は分かってるのに、上手く荷物がまとめられない。
テキパキ梱包作業ができない!!
あ~、イライラする!!
・・・って、これじゃ、戻る前から病気に良くないので、オカンが手伝ってくれてます。
この年にもなって、オカンに引越し荷物の梱包やってもらうなんて、情けないよなぁ・・・。
と思いつつも、ここはできる事、出来ない事と、すっぱり割り切り、今はとりあえずお願いしちゃうのです。
戻ったら、全部自分でやんなきゃいけないけど、まぁ、出来る事からやっていくべ。

ただ、こんだけ身ぐるみ全部引き揚げたら、また戻る事になったら大変だな。
まぁ、そん時はまた身ぐるみ引越しだー!(笑)

クリックが励みです!

テーマ : ほんのちょっとでも前進!
ジャンル : 心と身体

恩師との食事。

今回帰省した当初、本当の事情を連絡したのは3人だけだった。
1人は、もちろん親友。
もう1人は、小学校からの幼馴染(←男)。
そして、小学校の恩師であった。
私が、小学校教員を目指したのは、その恩師の影響以外なにものでもなかった。

6月に戻ってすぐの頃は、誰とも会いたくなかった。
幼馴染はすぐに電話をくれ、「飲みに行こう!」と誘ってくれた。
でも、外出する気力すら全くなかったんだ、あの頃は。
少し落ち着いた7月、ようやく、恩師と幼馴染と3人で食事することができた。
なぜ、今回私が病気になって戻ってきたのかを、洗いざらい話した。
2人は、翌日仕事だったにも関わらず、夜遅くまで付き合ってくれた。
その後、幼馴染とはメールやブログで経過を報告しあったが、とにかくご多忙な人なので、結局、その時しか会えずじまい。
恩師は、連絡とれば時間の融通はつけてくれたが、私の体調が悪くなったりとかで、結局、会えずにいた。
そんな2人には不義理で関東に戻るわけにはどうしてもいかなかった。
なので、ようやく今日、恩師には会えた。
だが、幼馴染は週末海外にいるとの事で、やっぱり会えずじまい。それだけが心残りだ。

私の人生の節目節目には、何だか、この恩師がいる。
小学校の頃の担任でもなんでもない。
でも、未だに続く『仲間』を作るきっかけを与えてくれたのが、この恩師だ。
私はもうすっかり大人になったのに、いつまでも先生の教え子なのかもしれない。
元々、子供の頃から教師というものに対して非常にクールな目で見ていた可愛げのないガキだったが、この先生に対してだけは唯一違った。
熱い教師なんてうざかった。
なのに、私はとても楽しい、今でも人生の宝になる程の貴重な小学校高学年を過ごさせてもらった。

久しぶりに、小学校のアルバムなんぞを見せてもらった。
懐かしい顔が沢山で、当時はベビーブームで5クラスもあったのに、恩師は私以上に同級生の顔や性格を覚えていた。
恐るべし、教育者魂。(笑)
『仲間』の中で、唯一、教員を目指したのが私だけだったので、多少は教育論が分かる私に、スイッチオーン!
・・・てな感じで、今時の子供事情や教師としての立場など熱く語っていらっしゃいました。
と同時に、その言葉を今の私の心の中にも置き換え、丁度いいカウンセリングにもなったのでした。
まぁ、とどのつまり、最後に恩師が何度も言った言葉は

「自分の居心地のいい場所で、暮らせばいい。ただ、それだけだ。関東の家で無理してるなと感じたら、また広島に戻ればいい。戻る家を自ら閉ざす必要はない。」

おっしゃる通りです。
とりあえず、旅行気分で気楽に戻ります。
それで何とかなれば、また関東で暮らすし。
やっぱしつれぇやぁ・・・と感じたら広島戻る。
ただ、それだけ。
いたってシンプルな発想で良いのです。
戻る事に全く不安がないと言えば嘘になる。
でも私、そうはいっても、関東も好きだからね。
完全に見切れないのよ、あの大都会は。。。

クリックが励みです!

テーマ : ほんのちょっとでも前進!
ジャンル : 心と身体

自宅通勤。

そういえば私、ずっと憧れていたんだ。

大学4年間は完全に自宅通学で、ガッツリ親の監視の元(といっても、門限だけだけど)に生活をしていたが、そんな門限の煩い生活があの頃はひどく窮屈に感じ、早く自由な生活を送りたいと思っていたりもした。
家事は中学時代からずっと姉と分担してやっていたので、それが当たり前で育ったけど、門限だけは異常に厳しくて、外泊なんてもっての他!そんな生活が今どきの子の言葉で表現するならば『うざかった』んだ。

だから私は、大学を卒業して翌年には家を出た。
それは自分が選んだ道だから、生活していく上で色々あっても我慢をしてやっていかなければならないと思って頑張った。
とはいえ、広島にいた頃はまだ全然マシだったんだ。
やはり、東京へ行ってからが一番きつかった。
へなちょこ田舎もんが、大都会で生活していくには、かなりの気合と根性が必要な事を初めて知った。
話せば長くなって本題を外れるので、はしょるが、要するに、今回は私の心の回路がちょっとショートしてしまったから、神様がまた地元に戻るきっかけを与えたんだと思う。

たった2週間(厳密に言うと9日間か)だったけど、自宅通勤できた事は、憧れ達成できた気分でそれはそれで極楽だった。
帰宅すれば夕食がある。
お風呂も洗ってある。
洗濯も取り込んである。
朝ご飯も作ってくれる。
洗濯も干してもらえる。
掃除機もかけてある。
全ての家事は、全部、親父なりオカンがやってくれた。
幸せだった。
心から有難いと思った。
大半の自宅通勤の人って、こんな生活しているのかなぁと思うと羨ましくも思った。

まぁ、今回は私が病気治療中というのがあるから、親もそこまでやってくれたんだろうけど、普通なら自分の身の回りの事は自分でやりなさいで育った私としては、本当にこの上ない極楽であった。
たった2週間でも、自宅通勤OLを経験できただけでも嬉しかった。(…仕事のことはさておいて。笑)
戻ったら、また今まで通りの生活に戻る。
でも、きっと大丈夫。
同じ失敗を繰り返したら、また病気になってしまうだけだから。
きっと大丈夫、とにかく、そう自分に言い聞かせ、徐々にギアチェンジしていきたいなぁ・・・と思うのです。
初めて上京した28の頃を思い出した。
東京に着いた瞬間から、トップギアに入れた気がする。
それでも、なんとかやりこなせてたんだ。
今回は、34歳。
2回目の上京です。
お年もお年なので、無理は禁物だという事を痛感(笑)
ロー⇒セコ⇒サードと徐々に上げていかないと、またオーバーヒートしてしまうよね。
自分を大切にいこうと思います。

注)ギアチェンジを書いてるところが、時代を物語ってますな。私は学生時代はマニュアル車をのっていました。今時は、AT限定免許っつーものがあるもんね。あはは。

クリックが励みです!

テーマ : たわごと
ジャンル : 心と身体

夜逃げ女の壮行会

関東に戻ると決めたら、即行動!
親友が、最後の晩餐壮行会やってくれるっつーので、日程を連絡したら
『はやっ!夜逃げかっ!』
って、ひどく驚きのご様子(笑)

今回の帰省は半年間と長期に及んだが、事情も事情だったので、数少ない限られた友人にしか知らせていない。
そのうち、親友は本当に帰省当初から、私の治療に時間の許す限りいつも協力してくれた。
中学・高校とずっと同じクラスで、考えてみると、人生の半分近くをリアルに関わり続けてきてくれた親友だ。
親姉主治医以外では、彼女の存在なくしては、今の私の回復は有り得なかったであろう。

(今、ここではそのリアルな友人の支えを書いているが、もちろんそれ以外にも、こうやってネットで知り合った沢山の人々の支えが無くしても、有り得ないことです。本当に、感謝しています。)

ということで、夜逃げ女の壮行会をたった2人で行うのだが(笑)、最後の晩餐は明日、メニューは鍋にしようということになった。
そして、最後のパン作り。
落ち着いたら、私もパン教室通いたいと思ったきっかけを与えてくれたのも、親友だ。
親友と過ごしたこの半年間は、学生時代を思い出す程、頻繁に遊んで色んなところに行けたんだ。
今生の別れなわけでもないのに、なんだか少し寂しい気もしている。。。

クリックが励みです!

テーマ : ほんのちょっとでも前進!
ジャンル : 心と身体

ライフライン。

思い立ったが吉日、来週の水曜日に関東に戻る事にした。
ぼちぼち引越しの荷造りをしていたら、思い出したんだ。
電気・ガス・水道のライフラインはそのままだけど、そういえば、電話・テレビ(J-COM)・プロバイダーを全部解約してきてたんだっけ。

まぁ、今時、携帯があれば家の電話はなくてもいいだろう。
テレビも、普通のデジタル地上波が見れたらまぁいいだろう。
問題は、インターネットだ。
私の、最も重要なライフラインである。(笑)
今から申し込んでも、間に合わないな。
まぁ、急に上京を決めたんだから仕方ない。
当分はネットのない生活を送るしかないか。。。

にしても、たった半年の実家滞在で何だ?この荷物の多さは。
軽い単身パック並みだな。あはは。

クリックが励みです!

テーマ : ほんのちょっとでも前進!
ジャンル : 心と身体

決心。

突然ですが、関東に戻ることに決めました。
理由は・・・
んー、とにかく、戻る事に決めたんです。
思い立ったが吉日、月末までには引越しします。
親とも話し合いました。
仕事が続かなかったのもきっかけになったかもしれない。
犬が夢に出てきたのもきっかけになったかもしれない。
何だか分かんないけど、物凄く戻りたい!って気分になりました。
半年前の自分ならとうてい関東に戻ろうなんて思いもしなかったし、むしろ、逃げたかった。
ただ、9月の上京で事態は一変したんです。
ともかく、戻って、生活立て直します。
・・・つか、立て直せるようにやってみます。
とはいえ、まだ通院中の身。
関東戻ったところで、いきなり東京で働けるワケがないので、暫くはじーっと大人しく様子を見つつ生活していきます。
主治医にはまだ話をしていないけどね。
来週、病院に行って話そう。
たぶん、心配して反対されるだろうな・・・。
でも、何か最近思ってたんだ。
治療のトレンドが横ばいになってることを。
お金は当然必要だし、生活もかかってる。
だが、生活の基盤を立て直すことなくして、自分自身の仕事を再開することは無理無謀ってもんではないかとね。
それが、私にとっては広島というフィールドではないので、とにかく戻るしかないのです。
今だ!っていう、根拠のない何となくの直感です(笑)
ダメだったら、またすぐ戻ればいい。
もうここまできたら、思い当たるありとあらゆる生活パターンを試していくべ。
もはや、怖いものはない。
これ以上堕ちることはないさ、私の人生。(笑)

クリックが励みです!

テーマ : ほんのちょっとでも前進!
ジャンル : 心と身体

悲しい夢。

夕べ、ヤケくそもあって、いつもの睡眠薬の2倍の量を飲んで寝ました。
自分的には、プチODです。(笑)
そしたら、昼までガッツリ寝てしまいました。
病気になってから、こんなに寝ることはありませんでした。
まぁ、1週間分の憂鬱疲労と、病院で久々に号泣した疲れもあったのでしょう。

そして、とても悲しい夢を見ました。
うちの子が、逃げ出してしまって、そのまま車にひかれて死んじゃったのです。
コロンと横たわったうちの子を抱えて、夢の中でも号泣してしまいました。

目を覚ました時、思ったのです。
あの子に会いたいから、関東に戻りたいと。
オカンには明日まで会えないのでまだ話してないけど、きっとまだ心配だからだめだと反対されるでしょう。
そして、主治医にもきっと反対されるでしょう。
でも、ものすごくあの子に会いたくなったのです。
携帯にたくさん撮っている動画を見ながら、ここにあの子がいたらどんなに癒されることだろうと、本当に思いました。
帰省当初は、我が身でいっぱいいっぱいで、凹もうが何しようが置いてきた犬の事なんてかまってる余裕はなかったのだけど、飼い主なんて調子のいいものだよね。

寒くなると、あの子を抱っこして寝る暖かさを思い出します。
事情があって預けてきたのでしょうがないけど、所詮犬、されど犬、こっちの都合で会いたくなるワガママなママなのです。
ごめんね。

クリックが励みです!

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

退社後。

今日はいきなり、久々に大きな波に襲われた。
訳わかんないけど涙が出そうになって、とっさに親友に電話しようと思ったがぐっと思いとどまった。
その時の心境が、電話で親友に上手く説明できないと思ったからだ。
家で泣くと親がまた心配する。
せっかくここまで回復したのに、また後退してしまったと心配するだろう。
今は嘘をついてでも我慢しよう。
泣くのは主治医の前だけにしたい。

仕事なんて、いざとなったら(言い方は悪いが)ぶっちぎってでも何でもいつだって辞めれる。
所詮、派遣だ。
ただ、その辞め時が今は分からない。

クリックが励みです!

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

外面と内面

今の私は、かなり落差がある。

職場では、笑顔も挨拶も絶やさず、研修のメンバー(あ、おばはん除く)とも仲良くおしゃべりしてコミュニケーションは上手くとれているつもり。
基本的に沈黙が嫌いなので、おもろいネタでもふって笑ってもらってる。
そして、相手も話してもらえるように適度に質問を投げかけたりして会話をしてる。

だが、会社を一歩でると、本当に憂鬱なんだ。
色んなことが頭を巡り、物凄く憂鬱になるんだ。
久々の社会復帰に対して、やはり憂鬱な気分になっているのは否めない。
仕事に対して、集中力が欠けているのが自分でも腹立たしい。
今のアウトバウンドの仕事よりか、よっぽど今までやっていた貿易事務の方が、頭も数字も使うし難しい職種なのに、何でこんなに集中力が無いのか、正直焦る。
今まで、仕事は常に『必死』でやっていた。
今の私には、その『必死さ』が完全に欠如している。
だから、ちっとも頭に入らない。
ロープレしてつくづく感じた。
まぁ、他のみんなも同じレベルだけど(あ、これもおばはん除く。笑)、でも会社を出るとなんともいえない憂鬱感に駆られる。
でも、そのうち慣れるのかな・・・。

ただ、今はあまりにも外面の自分と内面の自分にギャップがありすぎてしんどい。
病み治療中だということは、職場には絶対にバレたくないという思いもあるしね・・・。

ふと思う。
糖尿病の人はインシュリン打ってますって公言しても、別に偏見とか全然ないのに、何で「心のお薬飲んでます」って公言すると社会は偏見の目で見るのでしょう?
まぁ、なった人でない辛さもあるから理解しがたいだろうけどね。
私は今、この憂鬱な気持ちが、根性や気力の問題なのか、単に怠惰からくるものなのか、その狭間で悩んでいます。
単に怠惰であれば、頑張って仕事続けて契約満了しなきゃいけないしね、もしそうでないならば、また自宅治療に専念しなきゃいけないしね、その判断がよく分からないよ。

当分連勤で病院にも行けないので、今度の通院の時には主治医に聞いてみよう。

クリックが励みです♪

テーマ : ほんのちょっとでも前進!
ジャンル : 心と身体

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クリックが励みです♪

banner2.gif

What's New!!+総記事数
全タイトルを表示
Recent Coments
コメントありがとう♪
  • 03/14:pino。

  • 03/08:うめこ

  • 03/07:眠の木

  • 02/25:pino。

  • 02/05:sakura

  • 01/20:ぽんど

  • 01/12:オウバー

  • 01/07:bachiru

  • 01/03:sachiko.t

  • 01/02:めい

  • 01/01:オウバー

  • 01/01:tearose

  • 12/12:うめこ

  • 12/12:ぽんど

  • 12/11:sakura

お友達のリンク♪
Recent Trackbacks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Profile

うめこ

Author:うめこ
年齢:びみょーな三十路っ子
職業:ブログ更新
六星人:土星人(+)
愛犬:パピヨン(♀3歳)

Archives
Category
三十路っ子カウントダウン!!
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます♪


無料カウンター

PR

Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。