スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やどかり。

夕べはまた泣いた。
先日の診察では、躁鬱の症状がよく出ているので、だからお薬も変わったんだ。
私には居場所がないと母の前で散々泣いた。
結局、母とも悩んだ結果、少しこの実家を出てみることにした。
かといって、関東に戻るわけではない。
むしろ、今戻ったところで、良くなるどころか悪化する一方なので、主治医も親も絶対帰してはくれない。
私自身もそれは望んではいない。
では、どうしたらいいのか・・・?
実は私には同じ市内にもうひとつ家がある。
二十歳になるまで住んでいた、いわゆる生まれ育った家だ。
そこには事情があって今は父しか住んでいないが、その家はともかく広い。
部屋もいくつもある。
父とは上京して以来数回しか会っていないが、とりあえず、その家にも居候してみてはどうかとオカンが提案してくれた。
今更父と二人で狭い家で暮らすのは、それはまぢ勘弁なくらいキツイ話だけど、その家はとりあえず極力顔合わさなくても暮らしていけるくらいの部屋数はある。
だったら、お風呂も自由だし、夕食も自炊にはなるが自由だし、勝手気ままに暮らせばいい。
ただ、今の実家よりは家が古い。
私が小4の時に建てた家なので、もう築20年以上は経っている。
それだけは我慢しなくてはならないが、その生活も今の病気にとってどう影響がでるかは分からないけれど、とりあえず試しにやってみようということになった。
よって、暫くパソコンがない生活になってしまいます。
パソコン依存症の私にとっては辛いねぇ・・・。
コメントのお返事できなかったり、皆さんのブログへ当分遊びにいけなくなるのでごめんなさい。。。
ということで、半分一人暮らしの生活を送ることになりましたが、これが吉とでるか凶とでるか、皆さんどうか見守っていてください。

クリックが励みです!
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

居場所。

実家といえど、もう他の家族が住んでいるわけだから、親だけにワガママゆったり、やりたい時に何かをやるわけにはいかない。
この家はやはりもう子供中心だ。
食事は6時、お風呂は7時から子供達が一番、消灯10時、規則正しくはあるが今の私にはそれが果たして休養になっているのだろうか?
正直しんどい。
でも帰る家はない。
『死にたい』のではなく『消えたい』と、初めて思った。
私はワガママなのか…?

光合成。

今日は、母の買い物に付き合いがてら、久々に街に出た。(この表現の仕方がいかにも地方って感じだよね。笑)
朝10時頃に家を出たというのに、すでに激暑!!!
何ですか、この暑さは!!!(怒)
たぶん30度はいってたと思う。
通院以外で殆ど外出しないうめこにとって、この日差しと暑さはかなり衝撃的だった。
自分の腕足を見ると、真っ白。。。
こんなに私色白かったっけ。。。
滅多に帰省もしてなかった私だけど、久々に街中を練り歩くと随分と様変わりをしていた。
あるべきものがなくなっていたり、なかったものが聳え立っていたり・・・。
ちょっとしたカルチャーショックだ。
行く店行く店、店員さんがみんな広島弁だった。(たぶん、自覚はないだろうけど)
私も広島弁を話しているが、少し滑稽に思えた。
6年も関東にいると、やっぱりあっちの言葉に慣れてたんだな。
でもこうやって普通に買い物したり、お店の人と話をしたりしてると
『あれ?私、病気だったっけ?』
って思っちゃう。
すっかり治った気分になるんだ。
でも、錯覚してはいけない。
ダイエットと同じでリバウンドは怖いから。。。
病気の要因は何一つ解決していない。
だから、必ずまた戻るんだ。
いっぺんには解決できないから、一つづつやろう。
そうしないと、また頭が混乱して涙が溢れてくるから。

クリックが励みです!



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

犬と電話。

久々にうめこ2号の声を電話で聞いた。
涙出るほど会いたくなった。
いつものワンワン吠える声、あれは喜びの吠え方なんだ。
飼い主なら我が犬の吠え方で何を訴えているのか分かるんだ。
電話口で私はうめこ2号に話し掛けていた。
まるで、母親が会えない子供に話し掛けるように。
『うめこ2号ちゃん、元気にしてる?
うんうん、そうなのね。うんうん。』
電話口ではワンワンとハアハアしか言ってないけど、
勝手に会話した気分になった。(笑)
その時のうめこ2号の様子が目に浮かんだ。
連れて帰りたいけど、そうはいかない。
早く会いたいけど、それも無理。
いつも私の足元でちょこっと体温が当たるようにして寝てたんだ。
暑い日はひっくり返ってお腹むきだしてイビキかきながら寝てたんだ。
『おやつ要る?』
って聞くと、飛び起きてすごく嬉しそうに尻尾を振りながら、おやつの置いてある場所まで走って行ってお座りして待ってたんだ。
犬って寿命短いからすぐ死んじゃうのは分かっちゃいるんだけど、生きてるのに離れ離れっていうのも凄く寂しいね。
思い出さないのが賢明かな。。。

クリックが励みです!

住民票の決断。

ニートなうめこにとって、少しでも医療費の負担を軽減させようと某うつ先輩に聞いたところ、『自立支援法』 というのがあるらしく、それに申請して認可が下りると国が医療費の2割を負担してくれるらしい。
おまけに、実家のある市は住民票がここにある人に限り残りの1割を市が負担してくれる、要するに、申請が通れば医療費が全額免除になるのだ。
これは申請するっきゃない!と思ってはみたものの、問題は住民票を移すか否かだ。
たった紙切れ1枚のことだけど、これをしてしまえばもう二度と関東に戻らないような気がして、それくらい勇気がいる決断だった。
でも、今日主治医と話をして、この先の将来を考えたらまずは一歩踏み出さなければ病気もリセットもできないということに気付かされた。
簡単なことだけど、住民票を移す決断をした。

通院。(その3)

今日は待ち時間も少なく、割とすいていた。
今日もまずは1週間の経過を書いたノートを読んでもらった。
日曜日に親友とパン作りをしたことはとてもよいことだと褒められた。
今日聞こうと思っていたことは、

①今まで我慢してきた理由
②早朝覚醒のこと
③自立支援申請法のこと
④相変わらず浮き沈みがあること

こんな感じかな。
でも、ほとんど①を話していたような気がする。
①に関してはこの10年誰にも言ったことはなかった。
いわゆる、自分の中で封印していたこと。
それは、心のどこかでずっとずっと辛かった。
でも、初めて吐き出して、なんだか涙が出た。
また泣いてしまった。
最近、本と涙もろいよね。
この10年間、ずっと罪だと思っていたのに・・・。
主治医は、否定するどころか私を褒めてくれた。
私は見た目によらず?随分と古風な人間だといってました。
本当に我慢強いお子さんに育てられましたねと、母まで褒められる始末。(今日は一緒じゃないのに)
何だかずっと詰まっていたものを吐き出した気分で、随分すっきりした。
②と④については、またお薬が変わった。
③については、必要なものの説明を受けた。(別途エントリーします)
やっぱり主治医のおばちゃんは、占い師になった方がいいと思うのでありました。(笑)

最後に、本日処方してもらったお薬は・・・
1)リーマスT100㎎ 3回/日 (躁鬱に効くんですって)
2)メディピース錠0.5㎎ 3回/日
3)テトラミド10㎎ 就寝前2T
4)ビビットエース1㎎ 就寝前1T(早朝覚醒を防ぐ為にも、もう一度戻してトライしてみましょうってさ)

もう病院では、すっかり顔と名前覚えられているうめこでした。
先生、また来週~!

クリックが励みです♪

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

また泣いた。

今日は1日すこぶる調子が良かったはずなのに、夕食食べてる最中に母に言われた何気ない言葉が突き刺さり、夕食済ませた後自室にいたらまた涙が溢れてきた。
また嗚咽するほど涙を流した。
頭の中がおかしくなった感じ。
取り留めもなく涙は溢れてくる。
とにかく悲しかった。泣きたかった。
感情の落差が激しい日程辛いものはない。
神様、どうかもう許してください。こんな辛い罰は…。

夢。

この病気になってから何が辛いかって、まともに眠れないこと。
もはや眠剤なしでは眠りにつくことすらできません。
今まで生きてきた中で 『睡眠障害』 という単語は私の語録にはなかった。
今まで生きてきて、一度足りとも眠れなくて毎日辛いという経験だけはしたことなかった。(昼寝のしすぎで夜眠れないということはあるが。笑)
どんなに疲れていても悩んでいても落ち込んでいても、お風呂に浸かる瞬間と、お布団に入って眠りにつける瞬間だけは1日にのうちで至福のひとときだった。
その私が、ここ数ヶ月まともに眠れない。
病気と診断されてからは、眠剤で眠りにつくことができるが、今度は早朝覚醒を起こす。
毎朝4時半きっかりに目が覚める。
そして必ずいくつもの夢を見る。
前にも書いたが、人を殺す夢、得体の知れないものに追いかけられる夢、とにかく様々な夢を見、そしてうなされる。
毎日夢の中では泣いている。
ハンパなく泣いている。
涙という涙を流しまくっている。
ひどい時は、起きても涙が枕に流れている。
何か気になったので、夢占いで 『涙』 を検索してみた。

涙:涙を流す夢は、問題の解決を示しています。

真実とは思えないが、それを願っているのは事実である。
眠りについても強く私はそのことについて考えているのかもしれない。
夢なんてどーでもいいから、とにかく普通に眠りたい。
食べる・寝る・笑うそんな当たり前のことがひどく貴重で本とは難しいことだったんだと、この病気になって初めて知った。
本当はそんなこと知りたくもなかったのに・・・。

クリックが励みです!

テーマ : 睡眠障害
ジャンル : 心と身体

自室サッカー。

天気が悪いので甥が友達を連れてきた。
私が二階で横になってうとうとしていた矢先、サッカーが始まった。
狭い家なのに数人の男子小学生君達は楽しげにドタバタ走り回っている。まぢうるさい。
発狂しそうになるくらいうるさい。
これだけは勘弁して欲しかったが、相手は子供。
大人がマヂぎれしてどうする?
布団を被ってひたすら耐えた。
居候の身は辛い…。

雨の日。

今までなら嫌いだった。
でも、今外出するなら雨の日の方が好き。
理由はよく分からない。
ただ、心が風邪をひいてしまっている時は晴れた暑さが眩し過ぎるのかも。
早く治らないかな、私の心の風邪・・・。

クリックが励みです。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

作業療法。

実家に戻ってきて初めて通院以外で外出した。
そして、久しぶりに家族以外の人と会った。
今日は親友の家でパン作りをした。
3種類のパンをひたすらコネて焼いて作った。
意外と簡単でけっこう楽しかった。
焼きたての抹茶蒸しパンは本当においしかった。
病気になって以来、ここ数ヶ月ぶりに、食べ物を心からおいしいと思って食した。
病気が治った気がして少し嬉しかった。
これからも時々はこうやって親友に、パンつくりで連れ出してもらおう。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

ネグレスト?!

今日はどうも調子が悪い。
とゆーより、落ち込んでいる。
薬の効きが鈍っているのかな?
ネグレスト=育児放棄。
うめこには子供はいない。
だから、これには全く該当しない(つか、問題外)だけど、今日は小学校はお休みで朝から実家の子供たちははしゃぎまくり。
姪っ子も私に抱きついてきたり、あれやこれやと、おもちゃを持ってきては話をしているのだか、一向に耳に入らない。
むしろ、ぼーっとしていて、ぶっちゃけうざい。
うるさいと感じてしまった。
だまって部屋で寝ていようと2階に上がったら、それでも姪はついてくる。
本当にうざかった。
「ごめんね、うめこちゃん、今日は調子が悪いからお部屋で寝てるから」
そういって、部屋のドアを閉めた。
姪は悪いことはなにもしていない。
ただ、大人の私が今日は調子がすぐれなくて、相手にしてやれなかっただけだ。
ネグレストっていう言葉が最近えらくメディアで騒がれているが、こんなことも我が子なら該当するのかな?
ま、親にもなれない私だけど・・・。

クリックが励みです!

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

私の心のプール。

実家の子供たちはプール開きではしゃいでいる。

またもや、主治医に昨日言われた言葉。
私の心のプールは今、干からびている状態だそうな。
だから、これから綺麗にお掃除して、いっぱいに水を溜めてからやっとプール開きできるんですって。
もう全然水溜まってなかったんだ、私の心って・・・。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

するべき我慢としなくていい我慢。(続編)

昨日の日記にエントリーした、この主治医の言葉。
逆に私はそれが何なのかとひどく悩んでしまった。
Rさんのコメントにひどく共感を覚えたので、転記してみます。

『 わたしの友達は「守るべきものがある人がうつになるんだよ」と言われました。
わたしの場合の守るべきものは多分世間体です。
もっとわがままを言っていいよと言われて少し気分が軽くなったのを覚えています。
でも気にしないわけにはいきませんよね。
わたしの場合はもう少し自分に甘えられれば治るのかなあと思ったり。 』


私はこのコメントを頂いてハッと気づきました。
悩んだフリをしていただけで、本当は答えは明確でした。
私も、守るべきものは世間体だと思っていました。
それは今でも変わりありません。。。
生い立ちとか生まれ育った環境とか教育とか社会人での環境とか、様々な要因が私の人格形成に関わっているのだろうけども、私は世間体命の子だったような気がします。
決して、いい学校を出ていい会社に就職して・・・といった風に絵に書いたエリート人生ではなく、むしろ叩き上げ人生を送ってきたのですが、雑草の割には世間体だけは守ってきた気がします。
それ故にしなくてもいい我慢・・・。
今、一番心配なのはやはり病気のことで、本当に完治して前みたいにバリバリ?家事に仕事にとやっていけるのかどうかだけれども、それと同時に、その先の人生の方が最も不安でしょうがない。
私の主治医は、まるであんたは占い師か!っちゅーくらい、未来をはっきり言い、私の心中をズバリ当てた。
あのおばちゃん、占い師に転職した方が儲かるんちゃう?って思っちゃう(笑)

このブログをご覧の皆様、是非もう一度、世間体って何だと思いますか?
難しい質問だけど、再びコメントいただけると幸いです。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

するべき我慢としなくていい我慢。

今日の診察で先生にこう言われた。

『単なる箱入り娘も困るけど、生きていく上で、するべき我慢としなくてもいい我慢というのがあるのよ。』

皆さんは、この言葉をどのよう解釈しますか?
くどいようですが、プライベートな原因が詳細に書けないのでなんとも表現しづらいのですが、どうやら先生の話によると、うめこはしなくてもいい我慢をずっとずっとしてきてたようだ。
今回病気になってつくづく分かったことがある。
いかに、私が上京して世間体が故に様々なことを友人に心開かず一人で抱え込んでいたかということを激しく痛感した。
世間体って何?
世間体を気にして、結局、世間はどこまで何をしてくれる?

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

通院。(その2)

今日は2回目の通院日。
まだお薬が軌道にのっていないので、週1回の通院になる。
今日は母も一緒だ。
先に私が診察室に入り、1週間の経過を書いたメモを渡し話を始めた。

続きを読む

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

労働?!

昨日は実家に戻って一番なくらい1日中調子が悪かったというのに、今日は朝から快調だ。
8時半にはスッキリ目覚め、その後朝食、俳○と順調(笑)
そうなったら何だか今までずっと気になってたことがやりたくなってきて、黙々とその作業に取り掛かってしまった。
その作業とは・・・
水周りとトイレ掃除!!(笑)
自分でいうのも何だけど、こう見えてうめこは割りと変なところで几帳面で綺麗好きだ。
仕事していた頃も、デスクの上はきっちり書類が整理されていないと嫌だったし、ものすごい机で仕事をしている男性を見ると掃除したい衝動にかられるほど。
特別潔癖というわけではないが、トイレ掃除は毎日とはいわずとも、うちでも欠かさず綺麗に拭き拭きしていた。
風水じゃないけど、玄関とトイレと洗面台だけはマメに綺麗にしていた方が運気が上がるのではないかと勝手に思い込んでいる。(笑)
だが、実家の人々はそこには掃除のポイントを置いていない。
部屋の掃除機かけたりお布団干したり、そんなことは毎日きっちりやる人たちばかりだが、トイレときたら超テキトー。
いかん!いかん!
うめこ的には気になってしょうがない。
床に這いつくばって黙々と2箇所のトイレ掃除をし、ついでに洗面台まで綺麗にした。
なんと気持ちのいいことか。(自己満足)
居候の身なので、初めて家事労働を提供した日でありました。
と、同時に、とにかく今日は調子が良かったんだと思う。
でも、これで安心していたら、また明日は何が起こるかわからないからね。
それがこの病気の怖いところ。
とりあえず、明日は母と一緒の通院の日です。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

突然の涙。

爪が割れた。
だから、ヤスリで形を整えていたら意味もなく物凄く悲しくなってきて涙が止まらなくなった。
そんなに爪が割れたことが悲しいんかい!!
…決してそうではない。
訳もなくただボロボロと泣き続けていた。
実家に帰ってからは落ち着いていたはずなのに、初めて意味もなく泣いた。
こんなの自分ぢゃない!
このページのトップへ

境界線。

この病気になってから、いつも思うんだ。
怠惰で動けないのか、それとも、頭で分かっているけど動けないのか。
自分自身は理解しているつもりでも、それが意図的なのかわからない。
そして、自分は病気だからといって、周りの人の気をひこうとしているのではないかとか思ってしまう。
決してそうではないのだけれど、何だかいつか誰かに言われるのではないかとドキドキしている。
表現しづらいが、得体の知れない何かに怯えている。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

滋養強壮剤。

実は、先週末から風邪をひいている。
熱が出ないのがせめてもの救いだが、鼻詰まりに咳にと、弱り目に祟り目だ。
鼻が詰まっているので何を食べてもおいしくない。
砂を噛んでいるようだ。
しゃべっていても、まるでニューハーフ。
でも、クリニックの薬を服用しているから、下手に市販の風邪薬を飲むのも躊躇して、結局滋養強壮剤を飲んでみた。
風呂上りに腰に手をあて一気のみした。
そしたらなんだか急に元気になった気がした。(えらく単純)
その代わり、やけに気分がハイになって、ギンギンに目がさえてきた。
仕方ないから母の部屋にいき、一方的に延々2時間あーでもないこーでもないとしゃべりたおした。
気づくと0時前。
自分でもびっくりだ。
眠剤効くか不安であったが、とりあえず服用して寝た。
今朝はすこぶる体調不良。(妙な日本語だな)
起こされても全く起きれる気配なし。
頭の中では分かってるんだ。
朝食食べて、お薬のまなきゃって。
でも、全然ダメ。
体が動かない。
結局、起き上がったのはお昼前。
やはりずっと夢を見続けた。
でも、今日は菊川怜とドライブした夢だったので、まだヨシとしよう(笑)

テーマ : うつと暮らす
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

恐ろしい夢。

午前中はすごぶる調子がよかったのに、昼食を食べて薬を飲んだらものすごい睡魔に襲われて、とりあえず横になって眠った。
そしたら、ものすごく怖い夢を見て、とにかくやたらうなされていたのが自分でもわかった。
内容はひどくグロテスクなもので、人を殺したり殺されたりするものだ。
元々、そんなホラー映画などに興味があるわけでもなく、むしろ嫌いな人間なのに、随分とえぐい夢を見た。
これが夢であって欲しいのにと何度も夢の中で叫んでいた。
起きたらひどい頭痛がした。
夕べ、まともに眠れなかったから、昼寝でも熟睡できなかったのかな・・・。
睡眠って時間よりも質が大事なんだと、病気になって初めて気づいたこと。
不眠症とか、眠りが浅いということには全く無縁の生活をしてきたうめこにとっては、たいそうそれが辛い。
逆に、これからは、眠れない人の気持ちが痛いほど理解することができることであろう。
神様はどうしてこんな試練を与えたのかと思うことがある。
病気なんてならなければ、それに越したことはない。
トラブルを避け、幸せに一生暮らせたらどんなにいいことか。
不公平だ。
病気で辛い思いをしている人はきっと誰しも一度は思うはずだろう。
私は今、とてもそれを感じている。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

自分がどん底の時。

とある人がメールをくれた。
『自分が他人よりもずっと水面下の時は逆に物事が良く見えるよね。
本当に大切な物。
本当の味方。
大切だと思っていたものや人が全然だったり・・・』
確かに、自分がどん底の時ってもしかすると真実って一番見えるのかもしれないと最近思うようになってきた。
今まで生きてきた中で、そこまでどん底になるほど自分が落ち込んでいなかったのか、それとも、どん底だったのに這い上がる力があったからなのかそれは分からないけどね・・・。
そんなこと考えたこともなかったよ。
目の前にあるものが信じるものだと思ってた。
そうやって10年間頑張ってきた。
ただ、ともかく今は這い上がる力がないからお薬に頼る生活を送っています。
夕べは眠剤を飲んで寝ていたにもかかわらず、夜中に起きて、そのまま嫌な夢ばかりみて、とても目覚めが悪かった。
でも、今はすこぶる調子がいいのです。
いつもこんな感じ。
良かったり悪かったり、本と、一体何なんだ?!ってくらい感情がおかしい。
早く仕事したいなぁ...とか思うけどね、きっと今はまだそんな状態じゃないしね、それは一番自分がよく分かっています。
もし、あのまま仕事辞めてなかったら『自律神経失調症』のままだったかもしれないけど、思考回路が完全に停止する『鬱病』にはなっていなかったのかな・・・とか思ったりもする。
いやいや、こんな風にあれこれ考えるのも療養には良くないらしいのだ。
ただ、この先どうしようかと最近少しずつだけど考えることができるようにはなってきた。
薬が効いているのかな?
アテにはしてなかったけど、日本の医学(いや、医薬品)もまんざらではないのでしょうか?(笑)
いずれにせよ、今回の病気で真実が見えるのは皮肉な結果に終わるかもしれないが、この先の人生どうなるんだろうとそのほうが不安で仕方がない。

今日も広島は快晴です。
夏が来たみたいに暑いです。
でも、相変わらず外出する気分にはなれず、こうやって1日が終わるのでしょう。。。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

しろつめくさ。

しろつめくさ


小学1年生になる姪が、
朝公園から遊んで帰ってくるなり花束を持って帰ってきた。
『これ、うめこちゃんにあげるんだー』
ただの公園に咲いている野草?だけど、
子供ながらに手にいっぱい持って帰ってきたことが
なんだか嬉しかった。
母が花瓶に入れたので、姪は私の部屋に飾ってくれた。
私の病気のことは全く理解していないのだろうけども、
いつもいないうめこちゃんが
毎日おうちにいることが珍しくて嬉しいのかもしれない。
子供って純粋だなぁ・・・。
携帯しかカメラがないので写真がいまいちだけど、
とりあえず日の当たるベランダで撮影してみた。
天気がいい日曜日だが、
相変わらず外出する気分にはなれず・・・。

このページのトップへ

眠剤の恐怖。

昨日からお薬が変わったので、処方された眠剤を飲んで寝た。
寝つきはすこぶるよかったのだが、途中、やはりトイレで目が覚めた。(老人かよっ!)
だがしかし、全くフラフラで起き上がれない。
やっとの思いで立ち上がったというのに、ドアが分からず、壁をひたすら叩いていた。
要するに、徘徊老人みたいだ。
ハッと気づいて、改めてドアを探したが、這ってトイレまで行った。
普段なら1階まで降りるのだが、とうてい降りれる状況ではない。
とにかくフラフラなのだ。
2階のすぐ近くのトイレに行くまでも這いつくばってやっとの思いでたどりついた。
用を足したあとも、しばらくその場でうずくまった。
辛い。
実に、辛かった。
原因がわからなかったが、朝目覚めてもフラフラだったので、薬のせいだと思った。
すぐに病院に電話したら、今夜からは半錠に割って飲むように言われた。
おかげで?今日は1日中気分が悪くて横になって過ごした。
顔も洗わず、ひたすら横になって過ごした。
こんな何もしない生活にも慣れつつある。
自分が怖い。。。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

通院。

今日から新しい病院に行った。
関東での病院は2回しか通院しておらず、そのまま実家に帰って療養することを決めたので、実質、ここからが治療のスタートみたいなものだ。
そんなに大きな病院ではなく、個人病院でクリニックって感じだけど、夫婦でやってた。私の担当は女医先生。
診察室というよりも、大学の教授室を思わせるような、本がたくさんあってふわふわの椅子がある部屋だった。
そこで、いろんな話を聞かれた。
ともかく、この10年の話を事細かに聞かれた。
親身になって話を聞いてくれた。
薬が効いているのか、私の言動も辻褄が合わないことはゆってないという診断だったので、前の初診の頃よりかは復活したのかもしれない。
あの最悪な時は、視点も定まらず、言葉を発するにも時間がかかっており、全く支離滅裂なことを言っていたのは事実だ。
参考までに、お薬を書いておこう。

続きを読む

テーマ : 鬱病
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

心残り。

うめこ2号を置いてきた。
今回の帰省は数ヶ月単位になるので、一緒に連れて帰るわけにもいかず、苦渋の選択をした。
お別れの時、しっかり抱っこしてやった。
でも、いつものキョトンとした顔でじーっと私の顔を見ていただけだった。
面倒見てくれる人がいるので生死の心配はないのだが、何よりも心残りである。
今は携帯に写した写真と、このブログに載せているうめこ2号を見て思い出すしかない。
あの子は、私のこと覚えていてくれるかな・・・。
このページのトップへ

ニート。

明日新しい病院の通院日だからといってとりあえず母が1万円くれた。
何だか切なかった。
しかし収入がないのは事実であり、働ける状況でないのも事実である。
こんな自分がとてつもなく嫌になる…。
このページのトップへ

雨。

夕べから物凄い雨。
今日はインターネットが使えないので携帯から初チャレンジ。
とはいえ、今日も何もしない一日が過ぎていった。地元に帰ってからは親友以外誰にも連絡していない。
そしてその親友にすらメールでしか連絡はしていない。今までの私が傍観していたなら、きっと驚くに違いない。
人と話したくない。
病気を聞かれるのも説明するのもおっくうだ。
いつまで続く?
こんな暗闇は…。
このページのトップへ

最悪な朝。

昨日はすこぶる調子が良く、
『もしかして治った?!』
て一瞬勘違いするほど、普通に、かといって何もしないけれど生活をしていた。
寝る前にオカンともいっぱい色んなことを話したりもした。
そんな感じだったので、普通に眠れそうと思い、眠剤を飲まずに寝た。
布団に入ってからもすんなりと眠れた。
しかし、辛さは翌朝待っていた。
今朝、目覚めるや否や、体調絶不調。
実家に戻る前に寝込んで苦しんでいた状態と同じではないか。
起き上がるのがだるい。
顔を洗うのがだるい。
歯も磨くのがだるい。
こんなことって、一般人にはとうてい理解不能な症状であろう。
やっぱり病気だったんだ、私。
分かっているのにまた凹んだ。
ただ、実家に帰って救われるのは、食料もあれば、水もある。
自分で何ひとつしないでも生活はできる。
家事も溜まらない。
健康である私なら、そんなぐうたらは絶対に許されない家庭環境で育ったのではあるが、母は今の私の病気を理解してくれた。
姉妹も普通なら100%理解できない性格なのに、そんな一見ぐうたらな私を見ていても、何も言わない。
何もできない自分もしんどい。
早く治りたい。
ただそれを願うだけ。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ

暑い。

今日の地元はハンパなく暑い。
とはいえ、今日も1日中家にひきこもっているので、そう体感温度は暑くはないのだが、あまりにも家族が 『暑い!暑い!』 と騒いで帰ってくるので、試しに玄関先まで出てみた。
うん、これは確かに半端なく暑い。
紫外線危険度数100%、ここ2週間はまともに太陽の光を浴びてないので、クラクラきた。
2秒くらいで退散。
今日も何もしない1日が過ぎていく・・・。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
このページのトップへ
Calendar
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックが励みです♪

banner2.gif

What's New!!+総記事数
全タイトルを表示
Recent Coments
コメントありがとう♪
  • 03/14:pino。

  • 03/08:うめこ

  • 03/07:眠の木

  • 02/25:pino。

  • 02/05:sakura

  • 01/20:ぽんど

  • 01/12:オウバー

  • 01/07:bachiru

  • 01/03:sachiko.t

  • 01/02:めい

  • 01/01:オウバー

  • 01/01:tearose

  • 12/12:うめこ

  • 12/12:ぽんど

  • 12/11:sakura

お友達のリンク♪
Recent Trackbacks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Profile

うめこ

Author:うめこ
年齢:びみょーな三十路っ子
職業:ブログ更新
六星人:土星人(+)
愛犬:パピヨン(♀3歳)

Archives
Category
三十路っ子カウントダウン!!
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます♪


無料カウンター

PR

Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。