スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通院。(その7)

今朝も起きるや否や気力なし。
そのうえ、梅雨明けしたせいもあって午前中の時点ですでに猛暑。
でも、もう薬がない。
眠剤はともかくとして、抗うつ剤だけはきらすわけにはいかない。
とりあえず、気力を振り絞ってダラダラ病院へと向かった。
実家からだと車で10分もかからない場所に病院はあるのだが、ここの家からだと、まずは市電(いわゆる路面電車)に乗って40分。
そこからまた徒歩で15分。
路面電車ってこんなにちんたら走ってたっけ?と数年ぶりに乗った私は改めて実感した(笑)
いかに、東京の交通網が便利であったかということだ。
暑さの為に休み休みゆっくり向かったせいもあるが、結局1時間半弱はかかったのではないだろうか。
つーか、そんだけ時間あれば、埼玉~横浜まで行けてるっつーに!
とゆーことで、午前中の患者さんラストくらいの時間にようやくたどりつけた。
ともかく、なぜにここまで調子が落ち込んだかを説明した。
ここ1ヶ月間、友達にも会えるし、花火大会見に行ったり、ドライブしたり普通に楽しい生活を送れていたのに、またなぜこうなったのかを。
それは一昨日のトラブルが再燃させた以外何者でもないことを主治医は言った。
それは、私自身も気づいてはいた。
異常なまでにヒートアップして発狂するくらい怒鳴る。
そしてその後は、動けなくなる程落ち込む。
要するに精神がジェットコースター状態なのだ。
その心的疲労負担ときたら相当辛いものがある。
関東にいて初めて心療内科を受診した時の診断名は確実に『うつ病』と書かれていた。
漠然とした不安・絶望感・喪失感・無気力それ以外なかったから。
しかし、帰省して本格的に私の心の奥深くから今の主治医と治療を行うようになってからは実は病名が変わっていた。
私は『躁鬱病』だったのだ。
でも、今までのようなまともな精神状態の日も多く、随分状態は良くなっていると初めて主治医から前向きな発言が出た。
ここで、私ははっきりと主治医に言った。
『とにかく、元の自分のように普通に仕事ができればそれでいいです。治したいという意思ははっきり明確に持っています。』
帰省して初診の時には絶対に出なかった言葉だ。
『そこまで、あなたの意思表示がはっきりできるようになったのなら、次は、このジェットコースータ状態をなんとかしなければ完治はしないよね。
原因が明確だから、次のステップとして、その根源を絶つべくアクションを起こしましょう。
ただし、あなた自身がそれを行っては絶対にダメよ。
せっかく良くなってきているものが、また全て元に戻ってしまうのだから。
それは、親なり第三者に相談して進めていくことが必須よ。』
初めて主治医から、ある意味次のステップへのゴーサインが出た。
今までは、何があろうとも『休養』という言葉しか主治医から出なかったのに…。
ジェットコースータ精神というのは本当に辛く疲労度も激しい。
それを抑えるお薬は出すけど、どんなに強い薬をたくさん飲み続けたところで、根源がずっとそこにあるならば治療にも限界があると。
調子は一進一退だけど、その度合いがマイナスばかりではなく少しずつでもプラスになっているのかもしれない。
相変わらず私は『休養』が必須なのだが、周りが動き始めるのも時間の問題だ。

そしてまたお薬が増えた。
今までの薬は続行で、それに加えデパケン100㎎が増えた。
これで毎日12錠も薬を飲む生活になる。
薬の効果なんて星占いみたいなもんだな。

クリックが励みです!
スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

コメントありがとう!!

>オコモンさんへ
ありがとうございます。
確かに、昔は心療内科とかそういったオブラートに包んだ名前の診療科ってなかったから、敷居が高かったですよね。
でも、今は全然珍しい病院ではないし、それだけ心に何かしらストレスを感じて体調不良を訴える人が増えているのでしょうね。
元々の性格も要因にあるとは思いますが、まずは完治させて働けるようになってから、再発しないように生活改善していきたいと思います。

>yukoさんへ
初めまして!
コメントありがとう。
躁鬱ってけっこうその波がしんどいですよね。
心の闇さえ晴れればどんなに楽になれることかと願ってやみません。。。

うめこさん病院までの長い道のり辛かったですね。
以前話したように母は今パニック障害で治療中と話しましたが、実は私は過去に鬱病だったのでは?という時期がありました。
もう12年ぐらい前の話ですが会社での人間関係と仕事が自分に合わないのが原因で対人恐怖やわけのわからないことを言い出したり外に出られなかったりということがありました。そのころは鬱病という言葉や心療内科なんてなかった時代。唯一精神科というのはありましたが行くのには抵抗があっていけない。なんとかして会社は辞めることはできましたが社会復帰まで1年ぐらいかかりました。
今思うとよく薬を飲まずに回復できたなぁとは思いますが今でも嫌なことがあるとよく似た症状(軽いのですが)がでます。きっと完璧には治っていないんだろうと思っています。
うめこさんは病気を治すチャンスが今あるので辛いと思いますが治してくださいね。
応援しています。

私も今、ちょっと気分的に落ち込んでいます。うめこさんの気持ちも、なんとなくわかる気がする。お互い、心の闇が早くはれるといいですネ…。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックが励みです♪

banner2.gif

What's New!!+総記事数
全タイトルを表示
Recent Coments
コメントありがとう♪
  • 03/14:pino。

  • 03/08:うめこ

  • 03/07:眠の木

  • 02/25:pino。

  • 02/05:sakura

  • 01/20:ぽんど

  • 01/12:オウバー

  • 01/07:bachiru

  • 01/03:sachiko.t

  • 01/02:めい

  • 01/01:オウバー

  • 01/01:tearose

  • 12/12:うめこ

  • 12/12:ぽんど

  • 12/11:sakura

お友達のリンク♪
Recent Trackbacks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Profile

うめこ

Author:うめこ
年齢:びみょーな三十路っ子
職業:ブログ更新
六星人:土星人(+)
愛犬:パピヨン(♀3歳)

Archives
Category
三十路っ子カウントダウン!!
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます♪


無料カウンター

PR

Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。