スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の旅(3日目)~大倉山ジャンプ場編

札幌市内中心部からわずか200円で、小高い山に到着した。
バスから降りた瞬間、気温が違って空気がとても心地よかった。
20060912220619.jpg

ここは、昭和47年の札幌オリンピックのジャンプ会場の為に作られたところらしい。
冬に来ると、一面雪景色なんだろうな。
突如、むしょーに私のジャンプ魂が騒いだ!(笑)
ジャンプなどやったことあるわけがないが、原田や船木の鳥になった気分が味わいたくなった。
ジャンプ台までのリフトがあったので、颯爽と乗り込んじゃったよ。(笑)
普通のスキー場のリフトとさして変わりはないが、滑走の加速の地点はかなりの急斜面だ。
そして飛ぶ台での画像。
20060912221703.jpg


ここで、下を眺めながら合図が出るまでずっと待機してるんだよなぁ・・・。
こえぇぇぇぇ・・・。
そして、GOサインでジャーンプ!!

20060912221716.jpg

見てよ!!
この急斜面。
むっちゃすごいよ。
35度くらいあるらしい。
飛んじまったら、途中でやっぱや~めた!ってこと絶対できないもんね。
P点だのK点だのって説明書きがあったけど、丁度一緒に居合わせたおっちゃん団体が、こえぇこえぇってうるさいのなんの。
「何でこんな競技をやろうと思うんだ?」
「親にやってみろとか言われて渋々始めるんじゃねえの?」
「何か悲惨だよなぁ~」
・・・つか、ジャンプ選手達、見ず知らずのおっちゃん達にすごい言われようだよね。
何か聞いてて「そこまで言わんでもええやん」って思って、おかしくなちゃったよ(笑)

展望台の景色も良かったので一枚。

20060912222923.jpg

札幌市内が一望できました。
すっごく空気が綺麗で大きく深呼吸をしたのでした。

最後のオチだけど、リフトで下界に戻るのはまぢ怖い。
スキーだと滑って降りるから、普通は経験しないことだけどね、ジャンプをするわけじゃないので戻るのもリフトなわけさ。
下手な絶叫マシーンよりは、私はびびってしまった。
なんとも言えないゆっくり迫り来る恐怖感。
この時、私もさっきのおやぢ連中と同じく「どうしてジャンプ競技を始めたのさ?」とジャンパーの人々に詰問したくなったよ。
これ、飛ぶとなったら、バンジージャンプ並みだよ。
しかも、スキー板はいてるんだよ。
絶対、有り得ない・・・。(笑)
でも、大通り公園よりはここが一番心に残った札幌でした。
スポンサーサイト

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Peterpanさん、コメントありがとう!

天気も変わりやすくはあったけど、だいたい快晴でした。
19日は日帰りなんですか?
動物園って、もしかして札幌の円山動物園ですか・・・?

おかえりなさーい!!

すごいきれいな写真。天気も良かったんですね。
いいないいなぁ。って、私も19日からとんぼ返りの北海道なんですけどね。
初めて行くので楽しみです。もちろん、動物園が目当てですよっ。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックが励みです♪

banner2.gif

What's New!!+総記事数
全タイトルを表示
Recent Coments
コメントありがとう♪
  • 03/14:pino。

  • 03/08:うめこ

  • 03/07:眠の木

  • 02/25:pino。

  • 02/05:sakura

  • 01/20:ぽんど

  • 01/12:オウバー

  • 01/07:bachiru

  • 01/03:sachiko.t

  • 01/02:めい

  • 01/01:オウバー

  • 01/01:tearose

  • 12/12:うめこ

  • 12/12:ぽんど

  • 12/11:sakura

お友達のリンク♪
Recent Trackbacks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Profile

うめこ

Author:うめこ
年齢:びみょーな三十路っ子
職業:ブログ更新
六星人:土星人(+)
愛犬:パピヨン(♀3歳)

Archives
Category
三十路っ子カウントダウン!!
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます♪


無料カウンター

PR

Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。